肩こり解消ストレッチ

あなたは長年、肩こりや背中の痛みに悩んでいませんか?

・背中のハリがある
・肩こりに困っている
・ある日突然、首が動かなくなった

など、でお悩みではありませんか?

その、お悩み、ひょっとしたら。【大腰筋。腰方形筋】のせいかもしれません。

下の画像で大腰筋を確認してください。

この、【大腰筋。腰方形筋】を柔らかくすると、股関節痛、腰痛。などが解消されますし、肩、首、背中も楽になります。

こんにちは。この新しいブログでは、肩こり関連の解消ストレッチをご紹介していきます。最近は、肩こりのご相談が特にすごく多くなってきました。

今まで、肩こりの症状のご相談に「こんなのどう?」「これもやってみて」などと、肩こり解消体操のご提案させていただきました。

おかげさまで、最近では、良いご報告をいただくことが増えて参りました。

僕が紹介した肩こり解消ストレッチの中でも、もっとも実践者さんからの評判がよく、効果の高かった、肩こり解消ストレッチを厳選しました。

この記事ですこしずつ、ご紹介したいと思います。

肩こりの症状とは

肩こりってひとことに言っても、いろいろな症状がおきるわけですね。

肩こり首こりになやんでいます。という人は多いのですが、首の症状としては、ストレートネックや慢性的なムチ打ち症、あごの症状としては、顎関節症など、頭の症状としては、偏頭痛などとしてあらわれます。

これらは、すべて、肩こりの延長にある症状です。

あなたも、もしかして、

・ストレートネック
・顎関節症
・五十肩

・偏頭痛
・慢性的なムチ打ち症
・手のしびれ

などの症状でお困りではないですか?この記事では、そんな症状を治してしまう。肩こり解消ストレッチをご紹介します。

肩こり解消ストレッチ実践者の声

[box class=”box18″]こんにちわ。肩関節周囲ストレッチ、40肩コリ体操がすごいです。急激によくなってます。今までのあらゆる試行錯誤、なんだったんだろ。と思います。これからも続けていきます。[/box]

[box class=”box18″]こんにちは。右肩下がりの体操、立つパターンと、寝転がるパターンが良いです。すごい効果です。やり過ぎると首が痛いので、少しずつやっています。[/box]

などと、コメントいただきました。ちなみに右肩下がりの体操はこれです
↓↓↓

またご質問もいただきました。

[box class=”box18″]

こんばんわ。肩甲骨の内側がいつも痛くなり、右肩下がりな感じです。その体操、そこを中心とした、、体操をしていますが、痛みが出てしまうようです。

接骨院では、内巻き肩といわれていますが、どうやってほぐしたらよいのか、いい方法があったら、教えてください。

[/box]

という質問をいただきました。内巻き肩も治してしまう体操をご紹介します。

肩こり解消ストレッチ、原因チェック編

まずご自身で体の歪みチェックしてみましょう。まず仰向けに寝てみて下さい。

そしてどっちの足がより開いているか?チェックしてください。

もし左足が開いていたら?

左の骨盤が開いています。左のお尻の筋肉が硬くなっています。

確認が出来たら立ち上がって。

この場合、左の足が開いていたので、左足を内側に傾けてこの体操をします。左右に5回ずつ、ゆっくりと振り向きます。

よくわからなかったら、両側で好きなだけやってください。やり過ぎてわるくなることはありません。

たったこれだけで骨盤の歪みがとれるので、内巻き肩もなおってしまうのです!

とっても簡単ですね。ぜひ、やってみてくださいね。実は、他にも、まだまだ、肩こり体操があります。これからご紹介していきますので

このブログをお気に入りに追加しておいてくださいね!

ストレートネックにお困りの方は、こちらのストレートネック専門ブログをチェック

顎関節症にお困りの方はこちらをクリック

五十肩にお困りの方はこちらをクリック

手のしびれにお困りの方はこちらをクリック

[メルマガ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする