肩こり解消体操15日目。

00789 座ってできる肩こり体操(椅子パターン)


正座パターン、椅子パターンとあるうちの今回は椅子パターンで行います。

まず左からやっていきましょう。

左のお尻に体重を乗せて、右足を前にピュッと伸ばします。

そして手は頭の後ろ、目をつむって身体を伸ばしてないのに伸びてる感を味わいます。

20秒くらい味わいます。

上に伸びてる感を味わって戻ります。そして真ん中で休憩。

軽くゆすってみて、ほぐれてる感をよく味わってくださいね。

勢いよく息を吐いて、多少大げさにほぐれてきてる感を味わうため動いてみてください。

部屋でもできるので仕事場でもできますね。


今度は右をやってみます。

右のお尻にのっかって、左の膝を上伸ばす~

手は頭の後ろ。絶対に身体を曲げないように注意しましょうね。

左の足を遠くへ伸ばすだけで自動的にここが動いちゃいます。大体45度くらいです。

伸ばしてないのに伸びてる感がある~というのをしっかりと感じてください。

伸びてる感を味わったらゆっくり戻ります。

30秒くらい目をとじて、力が抜ける感じを味わってください。

00790 骨盤の体操


骨盤がまっすぐになっています。

この骨盤を上下に動かしていく運動をしていきます。

足は肩幅に開いて膝は軽く曲げます。

股関節も軽く曲げてゆっくり上げてください。

右上げる~左上げる~右上げる~左上げる。

このとき肩の力を多少抜くとやりやすくなります。

右、左、右、左と交互にゆらゆらと上げていきます。

00791 骨盤の体操(腰回り編)


骨盤を右を上、左を下、右を下、左を下って感じに、円状に動かしていきます。

これをやることによって骨盤が緩んでいきます。

骨盤というか腰回りの筋肉のリラクゼーション効果がありますので、是非ためしてみてください。

クイッ クイッ と左右に上げていきます。ゆっくりやってくださいね。

何度か上げたら脱力します。

声をだしながらやっていただくと非常に効果的です。

会社などの声が出せない場所のときは、少しだけ息を吐きながらやってください。

16日目に進む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする