肩こり解消体操4日目『肩甲挙筋』

こんにちは、藤田です。肩こりの原因についてお話いたします。

肩こりの原因は、同じ姿勢をずっと続けてしまうこと。

過度に集中し続けてしまうこと。特に、目を過度につかいすぎることにより肩の筋肉に炎症が起きます。その状態が長い期間つづくと慢性的な痛み、疼痛となります。

その解消方法をご紹介します。

今日ほぐすのは肩甲挙筋

今日、ほぐしていく筋肉はこちら!!『肩甲挙筋』

『肩甲挙筋』は、このようにして、肩甲骨と首につながっている筋肉で、肩を挙げる筋肉となっています。

肩甲挙筋をほぐす方法はこれ

こちらの肩甲挙筋を、リラックスさせるために、下向きの状態でゆすることが効果的です。

この動画では、早めのペースで行っておりますが、

特に最初は2倍くらいのスローペースで行って下さい。

あと、立って行うとフラフラしてしまう場合は、椅子にあさく腰かけておこなってください。

肩甲挙筋はつねに肩を持ち上げている筋肉ですので、この体操で、逆にぶら下げてあげることにより、脳に『おや、おかしなことがおきているぞ!!』と普段とはちがう!という刺激をあたえてあげることが効果的なのです。

そして、脳に『普段とちがうやんけ!』という信号を入力したあとに、以下の体操をおこなってください。

Cの字の体操ののちに、首を背骨と逆の方向に傾けるSの字の体操です。こちらの体操を2つセットで行うことにより肩甲挙筋がゆるんで、肩こりが解消されます。

ぜひ、行って下さい。

5日目はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする