肩こり解消体操10日目。

00778 怒ったぞ~ポースの応用編その1


はじめに顔芸をしますw

顔の表情もつけると、目の筋肉、表情筋、後頭部の筋肉、頭の筋肉もリフレッシュされますので、恥ずかしがらずに一緒にやってみてくださいね。

さぁやってみましょう。怒ったぞ~からの ニコッ

そして手は小指を胸に向けるような感じで力を入れます。

こうすることによって肩回りの筋肉(大胸筋)のあたりをほぐすことができます。もちろん肩甲骨も動いてます。

この状態で少しずつ右にむいていきます。そして中央に戻り一休憩。

股関節と膝は曲げ、大胸筋の緊張を感じながら肩甲骨をしっかりしめ、胸を左に向けるようにグイッ!

小指を大胸筋のほうへねじる感じで、身体の全面の筋肉にちょっと緊張をいれることによる筋肉のコリがとれます。

00779 怒ったぞ~ポーズの応用編その2

先ほど紹介した怒ったぞポーズからの応用の続き

一回目の応用は手を内側にしましたが、二回目の応用では外側にむかせます。

これだと更に胸の筋肉(大胸筋)が開き、肩甲骨は更に緊張が入ります。

怒ったぞ~からの手のひらを外!その状態で応用1と同じように右へ向いていきます。

今度は左に向いていき、ゆっくりと中央に戻り30秒休憩。このとき呼吸整えていただき、あくびなりゲップなり呼吸の反応があるといいですね。

人がいなかったら目は白目にします。人がいるようでしたら目をつぶって上下に動かしてあげてください。

30秒休憩したらゆっくり体操終了。

00780 怒ったぞ~ポーズの応用編その3

怒ったぞ~ポーズ。ここまでは前回までと一緒。

先ほどまでは左右に向いていくポーズでしたね。

今回は怒ったぞ~の状態から左、右へと身体を曲げていきます。

手も同様に怒ったぞ~の状態から、小指を胸にあててから手のひらが外向きになるようにし左、右へと身体を傾けていきましょう。

バナナの動きですね。肩甲骨に緊張を入れた状態で左右に曲げる。

11日目に進む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする