肩こり解消体操13日目。

00787 肩こりの体操裏技(筋肉タッチ編)


痛くなって治療院に行って揉んでもらったりすると思いますが揉む必要はありません。

筋肉の図を見ながら、自分の筋肉の繋がっている場所を確認していきます。

例えば広背筋はココか~と確認して流れをなぞっていく『だけ』で、不思議と身体、肩の凝りが緩和していくのです。

筋肉の図面は一般家庭に無いと思います。

スマホで『人体 筋肉』と入力し検索して表示しながら行っていきましょう。

パソコンの人はプリントアウトしておくと便利ですよ。

目で見て頭の中でイメージして触覚で確認することによって頭の中で人体の構造が立体的にビジュアル化されます。

00766 基本の肩こり体操


後ろで手を合わせていきます。

両手の指を合わせ下に伸ばしましょう。

そして肩甲骨を寄せます。

このとき肩が上に上がらないよう注意しましょう。

肩を落として肩甲骨を寄せてググッーと伸ばしていきます。

以上が準備体操と基本の動きになります。

ぜひ試してみてください。

00767 肩こり体操の応用


後ろで手を組んで肩甲骨を寄せます。

のまま腕をおろし、この状態で足を肩幅に開き、右足に重心をのせます。

そしてゆっくり左肩を床に向かって倒していきます。目は天井を見るようにします。

このとき身体がねじれないように注意し、足は平行を保ったまま天井を見る。

肩のあたりが伸びることを確認しながら行ってください。

14日目に進む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする