首肩こり原因

肩こりで悩んでいる人の中には首こりまで併発している人もいます。

「首がこることなんてしてないんだけど…」なんて思い当たるところがない人もいるものです。

しかし肩だけではなく首も凝るのにはちゃんと原因があります。

首も凝る原因は

結論からいうと、「姿勢」が原因です。姿勢といってもとくに【首】の姿勢です。

姿勢が悪いというのは習慣的なものなので自分で気づくことができないこともあります。

また、猫背だとわかっていてもそれを意識しないとすぐに猫背に戻ってしまうほどです。

正常な首の姿勢

正常な首の姿勢とは「頸椎の並び」のことです。背骨も一直線でなくS字カーブを描いているように、頸椎も一直線ではなくわずかに前方に湾曲しているのです。

この動画で正常な頸椎を見てみましょう。

異常な首の姿勢

さっきの動画で先生がすでに言っちゃいましたが、【ストレートネック】というものがあります。

先の動画でいうと正常な頸椎の隣にあるレントゲン写真のとおりのまっすぐな頸椎です。

正常な頸椎は前方に弓なりに湾曲していますが、ストレートネックは湾曲がなく前にのめり出すような感じになっています。

なぜストレートネックになるのか

ストレートネックは猫背などの癖がある人や、下を向き続けるようなパソコン作業やデスクワークが日常的にある場合に起こりやすいものです。

頭の重量だけでもだいたい5kgくらいあると言われています。その頭部を頸椎と首の筋肉で支えているのですが、もっとも首や身体に負担がかからないのが今の正常の首の姿勢なのです。

私たちが進化の過程でつくられた頸椎はデスクワーク用にできていません。

デスクワークなどで下を見続けることで、頸椎の湾曲がいつの間にかまっすぐに伸びてしまうのがストレートネックの原因です。

ストレートネックで首が凝る理由

ここまでくれば改めて理由を説明するまでもないかもしれませんが、一応ですね。

重い頭部をできるだけ負担なく支えるには湾曲した頸椎でまっすぐした姿勢であることが重要です。

応援団の旗も大きくて重いですが、きちんと立ててしまえば片手でも比較的安定させることができます。

しかし傾けてしまうと重心がずれて両腕と体幹で支えなければ安定させることは困難です。

首も同じです。ストレートネックでは頸椎はまっすぐになりますが、重心は前方に傾いてしまっています。

そうなると首の後ろの筋肉が伸展してしまい負担がかかり続けることになります。

本来あるべき頸椎の並びに逆らうような姿勢をとり続けることで頸椎や周囲の筋肉・血管・神経などに負担をかけてしまいます。

無料7日間メルマガ


このメルマガは、肩こりの解消に効果的な、エッセンスの体操を、日を追って、ちゃんと理解して取り組むべき順番に一日ずつ配信しているメルマガです。

この体操をやっていただくことにより、大幅に肩こりが良くなるはずです。

読んでいただいた方の感想

このメルマガを読んで、実際に体操を試したところ、3か月前から悩んでいた、ひどいデスクワークの肩こりが解消されました。

万年肩こりと首こりに悩んでいましたが、それも軽くなり、嬉しいです。

これからも続けていこうと思います。ありがとうございました。


メルマガのために収録したビデオを7個お届けします。今すぐ無料で登録して、7日間よむと、身体が軽くなります。ぜひお楽しみください。

注意!携帯の方(特にDocomo)は初期状態だとエラーになり、メールが届きません。

登録したあとに変更しても、メルマガが届かないので

かならず、登録する前に、518@mario.pink から、メールが届くように、携帯の設定を確認してから登録してください。

登録が無事完了すると、すぐに【0通目】のメールが届きます。1分以内に届かない場合は、エラーになっています。

その場合は、他のアドレスでお試しください。おすすめは、パソコンのメールアドレスで登録していただくと、読みやすいです。

ご登録はこちらをクリック


さて、それでは、痛みのない世界で、また再会いたしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする